top_saigai_tit

【総合情報】
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

【鳥取県における大雪災害】※要事前登録
若桜町社会福祉協議会
鳥取市ボランティア・市民活動センター国府町分室

【鳥取県中部を震源とする地震】
鳥取県被災者支援ボランティア情報
倉吉市災害ボランティアセンター

【台風第10号】
■北海道
北海道被災者支援ボランティア情報特設サイト
南富良野町災害ボランティアセンター
■岩手県
岩手県災害ボランティアセンター
岩泉町災害ボランティアセンター

【平成28年(2016年)熊本地震】
〇総合サイト
熊本地震・豪雨ボランティア情報
(熊本県災害ボランティアセンター特設サイト)
※各災害ボランティアセンターの最新状況が閲覧できます

【3/16 開催報告】防災ママカフェ@うらちゃんサロン望海

2017/03/16 | 事業報告

昨年に引き続き、3月16日(木)午前10時からこどもを守れるママになろうをキーワードに「防災ママカフェ」を開催しました。 今回は会場を日ごろ子育てサロンを行っている、UR望海の街集会所にて開催し

続きを見る

災害ボランティアセンター情報誌「さいぼら通信7号」発行について

2017/03/15 | さいぼら通信

浦安市災害ボランティアセンターの情報紙「さいぼら通信」の第7号が発行されました。 2月28日に実施した災害ボランティアセンター運営訓練の様子や、浦安市、浦安青年会議所との三者協定の締結についての

続きを見る

【3/3 開催報告】浦安市社会福祉協議会及び浦安青年会議所の合同研修会

2017/03/06 | 事業報告

災害時のパートナーとしてご協力いただく、浦安青年会議所とのパートナーシップを築き、平時から連携した取り組みを行うため、3月3日(金)に本会職員と浦安青年会議所メンバー 参加者32名で合同研修会を開催し

続きを見る

【2/26 開催報告】災害ボランティアセンター運営訓練

2017/02/27 | 運営訓練

2月26日(日)、災害ボランティアセンター運営訓練をセンター設置予定地の交通公園若潮公園で行いました。 今回は、昨年11月に災害時の協定を締結した浦安青年会議所のみなさんと初めて運営にあたり、浦

続きを見る

【鳥取県における大雪災害】災害ボランティア募集状況(2/20 20:50更新)

2017/02/20 | お知らせ, 大雪

概要 鳥取県では、平成29年2月10日(木)に発生した大雪により、人的被害においては死亡2名、重傷3名、軽傷20名の計25名、住家被害においては、一部破損9棟、床下浸水1棟などの被害が出ています。(

続きを見る

【定員に達しました】【3/16 参加者募集】防災ママカフェ@うらちゃんサロン望海

2017/02/15 | お知らせ

3月1日(水)をもちまして、定員に達しました。以降のお申込みはキャンセル待ちとなりますので、ご注意ください。 大地震!その時、あなたは子どもを守る自信がありますか? 東日本大震災の時、ママが「

続きを見る

【2/12 開催報告】災害ボランティア活動セミナー~世代をこえて、これからの防災・ボランティアの話をしよう~

2017/02/12 | 事業報告

「伝わらない」「わかりにくい」「とっつきづらい」という防災の課題に対する取り組みの一つとして、若い方々や女性がさらに災害ボランティア活動に関わりやすくするため、講演とワークショップ形式で参加型セミナー

続きを見る

【1/29開催報告】 水害支援ボランティア講座及び水害支援運営スタッフ研修

平成26年8月豪雨や平成27年9月関東・東北豪雨、台風など毎年各地で水害の被害があり、浦安市も過去風水害では甚大な被害を受け、今後も水害がないとも言い切れない現実があります。そうしたことを踏まえ、当セ

続きを見る

【1/17 開催報告】足湯ボランティア講習会を開催しました

2017/01/17 | 事業報告

被災者に寄り添い、足湯を通して支援の方法を学ぶ講座として、「足湯ボランティア講習会」を1月17日(火)に開催しました。 当日は13名が参加され、講師としてお招きした東京足湯プロジェクト代表金子和

続きを見る

平成29年度「ボランティア保険」改定のお知らせ

2016/11/30 | お知らせ

保険金の支払い増加が数年続いていることにより、平成29年度より保険料の改定(引き上げ)の通知がございましたので、以下の通りご案内いたします。 【ボランティア活動保険改正点】 ①Aプラン・Bプラ

続きを見る

  • こちらで変更できます。
    • 【3/16 開催報告】防災ママカフェ@うらちゃんサロン望海

      昨年に引き続き、3月16日(木)午前10時からこどもを守れるママになろうをキーワードに「防災ママカフェ」を開催しました!

      今回は会場を日ごろ子育てサロンを行っている、UR望海の街集会所にて開催し、(一社)スマートサバイバープロジェクト特別講師のかもんまゆさんを迎え、災害が起こったとき、起こる前の準備などを被災したママの経験談を踏まえてお話しいただきました。また、ヒートパックを用いたアルファ米の調理、カンに入っているパンをどう等分するかの実験も兼ねて、こどもと一緒に試食を行いました。

      昨年に引き続き参加したママは真剣な表情で話しを聞いていて、ヒートパックに水を入れた後はスマートフォンで撮影会が始まりました(^^)

      参加したママからの感想として、「地震への備えは主人や実家の母がするものだとなぜか思ってしまっているところがあり、他人事にしていたが、自主的に準備を進めていこうと思った。」「夫が何かしてくれる、行政が守ってくれるといった甘えがあることに気づかされた。自分とこどもの身は自分で守るという強い意識を持とうと思う」「すぐ地震は来るものとして、避難場所や備蓄を見直そうと思った」など、東日本大震災から6年が経ち、災害の恐ろしさが薄れている今、また、つい他人事になってしまっている災害のことを見つめなおして、改めて災害への備えの大切さについて学ばれていました。

      災害はいつか起こるではなく、今すぐにでも起こるということを頭に、家族を災害から守る準備をぜひ行っていただければ幸いです。

      参加されたみなさん、お疲れ様でした!

      03/16/17

  • 友だち追加数
PAGE TOP ↑