【報告】7/2 浦安中学校での社会人講座

公開日: : 外部講師

令和元年7月2日(火)に浦安中学校にて、社会人講座の講師を務め、中学1年生35人が参加しました。
講座内容は、災害時のジレンマを考える「クロスロードゲーム」。班に分かれて、災害時に起こる困難とその決断について、ゲームを通して考えました。
例えば、親の立場で「子どもが学校で迎えを待っている。しかし、途中で瓦礫の下敷きになっている人に遭遇。助けるかどうか」について、YESかNOのカードを出し合い、それぞれの理由を考えていきました(班でただ一人、YESまたはNOの場合は、金色の座布団カードがポイントとして配られます)。
最後に、東日本大震災時代の当センターについて、中学生も受付などで活動したことなどをお伝えし、万が一の災害時も貴重な存在であることをお話しいたしました。

生徒の皆さん、役になり切ってお題を読んだり、少数意見を尊重しつつ、YESかNOについて真剣に考えていました。
災害多発の時代、他人や少数意見を尊重しつつ、自ら考え判断できる人となるためのきっかけとなれば幸いです。

関連記事

【報告】12/8 川崎市社協ボランティアコーディネーター研修(外部講師)

12月8日、川崎市社会福祉協議会にて、ボランティアセンター担当職員、運営委員などを対象にした「ボラン

記事を読む

  • こちらで変更できます。
    • 【6/15 開催報告】浦安市災害ボランティアネットワーク定期総会

      災害ボランティアをコーディネートする方々を会員として、災害時における支援協力者として日々活躍いただいている、浦安市災害ボランティアネットワーク(事務局:浦安市災害ボランティアセンター)の定期総会が、6月15日(木)午後1時30分より執り行われました。

      議案は、平成28年度の事業報告、平成29年度の事業計画について審議を行い、すべて承認されました。

      今年度も来たる災害に備え、災害ボランティアネットワーク及び災害ボランティアセンターで切磋琢磨していきます。

      06/15/17

  • 友だち追加数
PAGE TOP ↑