災害ボランティアセンター情報誌「さいぼら通信9号」発行について

公開日: : さいぼら通信

浦安市災害ボランティアセンターの情報紙「さいぼら通信」の第9号が発行されました。

内容は、下記の通りです。
・2月25日実施の「災害ボランティアセンター図上訓練(水害)」レポート
・災害ボランティア(一般・専門職)登録受付について
・3月7日実施の防災ママカフェの様子
・浦安市災害ボランティアネットワーク視察研修(そなエリア東京)レポート
・Yahoo!JAPANの全国統一防災模試のご紹介
・防災クイズ

さいぼら通信最新号はこちらから。

防災クイズ解説

問1:「非常持ち出し袋はどこにしまう?」
→正解は3の「家中にあちこち」
寝室や玄関先など1か所に置いておくことの多い「非常持ち出し袋」。実際の災害では、家が倒壊してしまったり、脱出路として使えなかったり、外出中であったりと1か所に置いておくと危険な場合もあります。屋内や物置・車のトランクなども含め、複数備えておくと、より安心です。
問2:「非常食はどのくらい必要?」
→正解は3の「7日分」。
以前は、3日分とも言われていましたが、東日本大震災以降、首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、大規模な災害では行政の支援が行き届かないことも考えられ、1週間分以上の備えが必要と言われています。食料以外にも電池やカセットコンロ、簡易トイレなども同様の備えが必要です。
問3:「災害が起きたら、どこに逃げる」
正解は1の。こちらは避難場所(指定緊急避難場所)の図記号(ピクトグラム)で、災害時の身の回りの危険から一時的に避難する場所で、公園などが指定されています(浦安市内では総合公園など)。2は避難所(指定避難所)で、小中学校などが指定されています。避難所は、災害で自宅では生活できない方などが避難する場所です。また、図記号について従来いろいろな種類がありましたが、このような表示の標準化が進んでいます。

関連記事

災害ボランティアセンター情報誌「さいぼら通信6号」発行について

浦安市災害ボランティアセンターの情報紙「さいぼら通信」の第6号が発行されました。 平成28年熊

記事を読む

災害ボランティアセンター情報誌「さいぼら通信5号」発行について

当センターの情報紙「さいぼら通信」の第5号が発行されました。 先日、2月20日・28日に実施さ

記事を読む

災害ボランティアセンター機関紙を創刊しました!!

災害ボランティアセンター機関紙「さいぼら通信」を創刊しました。 災害ボランティアに関する情報な

記事を読む

災害ボランティアセンター機関紙「さいぼら通信4号」が発行されました!

災害ボランティアセンター機関紙「さいぼら通信4号」が発行されました。 平成27年9月関東・東北

記事を読む

災害ボランティアセンター機関紙「さいぼら通信3号」が発行されました!

災害ボランティアセンター機関紙「さいぼら通信3号」が発行されました。 先日の災害時体制移行訓練

記事を読む

災害ボランティアセンター情報誌「さいぼら通信7号」発行について

浦安市災害ボランティアセンターの情報紙「さいぼら通信」の第7号が発行されました。 2月28日に

記事を読む

  • こちらで変更できます。
    • 【6/15 開催報告】浦安市災害ボランティアネットワーク定期総会

      災害ボランティアをコーディネートする方々を会員として、災害時における支援協力者として日々活躍いただいている、浦安市災害ボランティアネットワーク(事務局:浦安市災害ボランティアセンター)の定期総会が、6月15日(木)午後1時30分より執り行われました。

      議案は、平成28年度の事業報告、平成29年度の事業計画について審議を行い、すべて承認されました。

      今年度も来たる災害に備え、災害ボランティアネットワーク及び災害ボランティアセンターで切磋琢磨していきます。

      06/15/17

  • 友だち追加数
PAGE TOP ↑